ちいさなひかり

kururin71.exblog.jp

タグ:カメラ ( 5 ) タグの人気記事

コーヒー現像に挑戦! ★準備編★

a0298356_21295504.jpg

コーヒー現像の内容を更新しています。
こちらをご覧ください。(2016.12)

前回記事でコーヒー現像に挑戦したことを書きました。
ネットで色々調べてみるとコーヒー現像についてはすでに数多の先達が挑戦し、
いくつもの素晴らしい結果を残しているわけですが、
僕は今回木村哲悟郎さんのサイトTETUGOROUS PHOTOGRAPHを参考にさせていただきました。
準備するもの・現像過程・結果のまとめ方がとても分かりやすく、
初心者の僕が挑戦するのに容易なところまでハードルを下げてくださいましたので、
これからコーヒー現像に挑戦するという方はぜひ参考にされることをお勧めします!

さて、現像の工程については次回の記事で書こうと思いますが、
実はコーヒー現像のヤマは道具の準備にある気がしています。
とにかく準備するものがたくさん!

そこで今回は現像で使った道具を工程別に一覧にしてみました。

これから挑戦したいという方はぜひ参考にしていただければと思います。

------------------------------------------------------------------

★ネガ関連★

撮影済みのモノクロフィルム 1本

現像タンク (35㎜1本用) 1つ…ヨドバシカメラで5000円~

ダークバッグ 1つ…Amazonで3000円程度

フィルムピッカー 1つ…Amazonで1200円程度

はさみ 1つ …100円ショップで100円

★現像液用★

インスタントコーヒー 安いものが良いとのこと。400円程度

アスコルビン酸(粉末ビタミンC) …ドラッグストアで300g 1000円程度

炭酸ソーダ(重曹の粉末を熱したもの) …100円ショップで100円

計量カップA(500㏄入るもの) …100円ショップで100円

温度計 …Amazonで600円程度

★停止液★

計量カップA(現像液用に使ったものを再度使用)


★定着液★

チオ硫酸ナトリウム …ヨドバシカメラで400円程度

計量カップB …100円ショップで100円


★乾燥★

洗濯ハンガー …100円ショップで100円

大きめの洗濯バサミ …100円ショップで100円

吸水タオル …100円ショップで100円


★その他★

小さじ …100円ショップで100円

スチールウール …100円ショップで100円

2リットルペットボトルを半分の高さで切った下側 1つ

ゴム手袋 …100円ショップで100円

計量カップが2つ並べられるバット …100円ショップで100円

キッチンタイマー …100円ショップで100円

ネガをしまう袋… …ヨドバシカメラで100枚1000円程度
これらをしまう箱 …近所のホームセンターで1000円程度

------------------------------------------------------------------

結局全部買い揃えると15000円程になりそうですね。
僕は現像タンクをいただいたので10000円程で済みましたが。
この記事を書いている2015年10月現在モノクロフィルムを現像するのに、
最安と思われるヤフーオークションを利用して1本700円ほどかかります。
初期コストを前提に考えるなら、20本程度現像してトントンということになりますね(^^;)

ではコーヒー現像のメリットは??と考えると…
①時間がかからない。ヤフオクなら落札→連絡→入金→フィルム発送→ネガ受け取りに1週間くらいかかりますが、
コーヒー現像なら準備から片付けまで1本1時間程度。
②消耗品はコーヒー,アスコルビン酸,炭酸ソーダ,チオ硫酸ナトリウム,スチールウールだけなので、
たくさん現像すれば各段に安くなる
③現像方法によって不安定でオンリーワンな仕上がりにもできるし、
お店に出した時と同じような仕上がりにもできる。人もいる。僕はノーコン。
④(質はとにかく)自分でできた!という達成感が味わえる(笑)

というところでしょうか??今のところ僕が感じているのは。

その後2本現像しましたが、なかなかうまくはいきません。
でもそこにかえって燃えるものがあります。
次回はいよいよ現像の工程について書きます(^^)


*今日の写真*
Canon EosKiss 3L
Canon EF50mm f=1.8 Ⅱ
FUJIFILM ネオパン100 ACROS
自宅にてコーヒー現像したものをレタッチ






[PR]
by takahashikururin | 2015-10-28 21:59 | 写真 | Comments(0)

RGB

a0298356_22311558.jpg
a0298356_22312116.jpg
a0298356_22312687.jpg
風邪をひいて2週間ほどコンコンゼロゼロしていました。
でも寝てはいられず、
ある日はANALOG CREATURESで新宿の中古カメラ屋さんを転々として、
新宿のPhotographers Galleryで行われていた増山たづ子さんの写真展を観に行ったり。
ある日は埼玉県大宮市で行われていた「第4回ヌーベルバーグ写真展」で多様な写真表現に触れ。
またある日は四ツ谷三丁目のCROSSROAD GALLERYで行われていた「フィルムを月に1本使う会」の写真展を観に行って、
もう一度増山たづ子さんの写真展を観たり。
またある日は埼玉県美術家協会写真部の総会に出席したり、はたまた庭の草刈りに精を出したり。
ブログやFacebookは放置しながら(笑)、意外に写真ずくめで忙しなく過ごしていました。

前回現像した写真でアップしたいものがなくなりつつあるので、そろそろ溜まったフィルムを現像に出さなければ…
と思いつつ過去の写真などを見ていたら。
赤・緑・青。
きれいに揃ってました。
あの座席の手触りとか、誰かを待ってる感じとか、日差しの温かさとか、ついつい釣られて度々撮りたくなるのだと思います。

*今日の写真*
色々なフィルムカメラ
ANALOG-COLORで枠&味付け。






[PR]
by takahashikururin | 2015-10-05 22:56 | 写真・カメラ | Comments(2)

ローライコード3

a0298356_21354969.jpg
以前からちょこちょこ書いていますが、ローライコードの3型というカメラを使っています。
1950年代の二眼レフというタイプのカメラで、撮影用のレンズと構図を確認するレンズが縦に2つ並んでついています。
カメラを胸やお腹の位置にもってきて上から覗いて撮るのですが、
風景がスリガラスに左右反転して映るのでモヤッと見えて、ピントが合ってるかちょっとわかりにくい。
なおかつ左右反転ということで構図を作るときはちょっと頭の体操が必要になります。
ボケ防止にたいへんな効果がありそうです。

一方こちらもちょこちょこ書いているPENTAX67という1990年代のカメラはたいへん素晴らしい性能です。
こちらは一眼レフタイプなので風景は撮影レンズを通してダイレクトに見られますし、
ピントの山も驚くほどきれいに見えます。特にウエストレベル・ファインダーに替えてからは。
ただ驚くほど重くて、重量が2.5キロくらいあります。
使い続ければ筋力がつきそうですが、その前に体力が奪われそうでもあります。
買った当初は腰が痛くなりました(笑)

そんなPENTAX67はたいへん素晴らしいカメラですが、ピントはとてもシビアです。
合ってるかな?と思ってもピントが外れていたり、
「バシャコン!!」と凄いパワーでシャッターが降りるので、手振れにも気を使うし、失敗が多いです。
一方ローライコードは見えていないようでピントはある程度合ってる。
レンズシャッターなので、「チャッ」と音がして静かに切れるだけ。
2つのカメラには40年の差があって性能は飛躍的に進化していますが、
性能が良ければ全て良いかと言われればまた別。
僕にとってローライコードは安心して付き合える友人のような存在、
PENTAX67は自分の未熟さを指導してくれる先生のような存在、
と言ったところかもしれません。


*今日の写真*
今年はあまり見かけないナガミヒナゲシ。
ROLLEICORD3
Kodak Portra 160






[PR]
by takahashikururin | 2015-08-09 22:31 | 写真 | Comments(0)

ローライコード3

a0298356_21193446.jpg


a0298356_21194595.jpg



現像上がってきたばかりでネタがあるので(笑)、珍しく連日更新します。


バケペンの現像を待ちながら、
「ちゃんと撮れてたらローライコード3は手放そう。中判2台はいらないしな。」
と思っていたら、一緒にあがってきたローライコードの写真が意外に力が抜けてて好印象でした。
2年使ってカメラにちょっと慣れてきたのかもしれません。
手放さずにもう少し勉強させてもらうことにしました。

近所にある公園が好きです。
もう何度も似たような写真をアップしている気がしますが、
何度行っても似たような写真を撮って帰ります。
街をちょっと遠くまで眺められる小さな小さな山があって、
そこでくつろいだり遊んだりする人たちの姿が
いつ行っても本当に素敵です。


*今日の写真*
RolleiCord3 (with Xenar75mm f=3.5)
[PR]
by takahashikururin | 2014-11-11 21:50 | 写真 | Comments(4)

新しいカメラ買っちゃいました。

a0298356_20213349.jpg


先日友人のからま君に「高いデジイチは持ったときにアガルよ!」と教えられ、
またまた先日行った高校の文化祭での写真部の展示を見てデジタルの可能性に触発され、
「僕にもそろそろフルサイズデジイチの波が来たか」と密かにソワソワしていた今日この頃。
唐突ではありますが、買っちゃいました。



PENTAX67TTL(笑)



フルサイズどころか67行っちゃったよ、からま君!

馬鹿ですよね。
デジタル全盛というか当たり前の時代になぜそこかという。
自分でも少し思います。
でもしょうがないんです。馬鹿ですから。
馬鹿もついにここまで辿り着いたか、という妙な達成感があります(笑)
よくよく考えてみると、これまた友人のバニ男ちゃんが持っていたPENTAX645に心揺らされた、という気もしないではありません。

実のところ近所のリサイクルショップでひと月ほど前に見かけたものなんですが、
これがミント・コンディションと言ってもいいくらいの美品。
しかも90mmと165mmのレンズが付いてるのに驚きの価格!なのに売れる気配なし。
理由は「フィルムカメラが不人気」で「電池がなく動作未確認のため」らしく、壊れてたら返金保証とのこと。
最初は「ローライコード持ってるし中判はもういらんだろ」と見なかったふりをしていましたが、寝ても覚めても気になって気になって気になってしょうがない(笑)
だってアラーキーも佐内正史も愛用している(た?)カメラだし、ミントだし、破格だし、こんな出会いは二度とない。
大丈夫、あれはきっと動くよ。それにあんなでかくて重いカメラ(2kg超)、45歳になったらもう重くて持てないよ?
使うなら今しかないでしょ?赤瀬川さんなら迷わず買ってるよ?と自分を納得させて妻に家庭内ローンをお願いしたところ、
「ちょっと早いクリスマスプレゼント」とご快諾をいただき、晴れて「『バケペン』ユーザー」となりました!

故障が心配だったのですが、電池を入れて撮ってみるとTTL露出計もシャッターもレンズも快調。
描写もきれい。買って本当に良かった。
レンズは90mm(35mm換算45mm)を使っているけれど、35mmカメラでは考えられないくらいきれいにボケる。
でもよくボケるということは被写界深度が浅いということなんですが、それはつまり43歳にして視力1.5超なのにピント外しの腕はピカイチと友人の間で名が通っている僕にとってはまさに鬼門といえるようなカメラなわけで、実際3本撮ったうち調子こいて開放近くで撮ったコマは見事に名を汚さぬ仕事(=ピント外れ)を果たして一抹の不安を感じたわけですが、なんというか描写の密度・空気感・繊細さには35mmフィルムでは達せない、あるいは同じ中判でもローライコードとは異質の美しさがあって、しっかり使いこなしていきたいと感じるものがありました。

愛用のNikon-F,Leica 3fと共に永い相棒でいてほしいと願うところではありますが、とにかく重い(笑)
重すぎてかどうかわかりませんが、右手の手首が痛い。
使いこなす前に体が壊れそうな気もしていますが、今日は湿布を貼って寝ます(苦)


*今日の写真*
PENTAX67TTL + PENTAX67 90mm f=2.8
[PR]
by takahashikururin | 2014-11-10 21:53 | 写真 | Comments(4)