「ほっ」と。キャンペーン

ちいさなひかり

kururin71.exblog.jp

売れなかったZINEのお話し。その傾向と対策。

a0298356_18095650.jpg
a0298356_18100849.jpg
a0298356_18101990.jpg
MOUNTさんが主宰するZINEの即売イベント「MZ11」に出品していたZINEが、先月返却されてきました。
ずっしりと重い包みを開けてみると…出品した20冊全部が戻ってきました(笑)
ガッカリした気持ちが半分、もう半分は変な興奮と鳥肌。
すごいな!全然歯が立たない世界がここにある!!と、自分の非力さを改めて知るとともに、これはもう考え方を改めて再挑戦しないと駄目だと思ったわけです。

実は「売れないかも…」という予感はMZ11へ出掛けた際になんとなく感じていたことではありました。
素敵なZINEが並ぶ会場で「ZINEはどんな中身でもどんな形でもいい」との認識でコピー機でガシガシ刷って作った僕のZINEのなんとみすぼらしいこと!
会場で「お金を払ってこれを買いたいか?」と客観的に考えた時、「…もしかしたらね…」としか考えられませんでした。

そこでMZ11・MZ12を通して50冊くらいのZINEを拝見し、「傾向と対策」(笑)をまとめてみました。
あくまで主観に基づいたもので、ざっくりとしていますが。。。
「今どんなZINEが好んで作られているのか(売れたかは別)」という現在のZINEのスタンダードが垣間見えると思います。
僕の過去の記事は忘れていただいて(笑)、これからZINEを作られる方のひとつの参考になったら嬉しいです。
僕自身もこのデータを基にして次回作を作っていくつもりです!


=2016~2017 MOUNTさんのZINE販売イベント「MZ11・12」にてチェックした50冊くらいのZINEから見える「現在のスタンダード」=

①分類…大まかな目的です。
作品集…90%
情報誌…10%

外国のZINEはHowto本や情報誌もあると何かで読みましたが、イラストや写真作品をまとめたものが圧倒的に多かったです。

②内容…主な表現形態です。
イラスト・絵画系…70%
写真系…20%
文章系…10%

アート系のイラスト作品が多い印象でした。小説・詩・写真などはここではマイノリティですが、「だからこそあえて挑戦したい」というお話を何人かの方から聞きました。かっこいいです。

③ZINEの大きさ…製本状態のサイズです。
A5…80%
その他…20%

ここが一番驚いたところですが、最も多様性が認められた出版形態である(と思っていた)にもかかわらず、皆さんきれいに揃ってA5でした。
ですがこのA5サイズは手に持った時になぜか満足感が高い気もしました。
その他ではA3サイズや豆本(?)などもありました。

④製本形態…本の綴じ方です。
中綴じ…80%
その他…20%

ホチキスを使った中綴じが一般的でした。その他はパンチで穴をあけて綴じたもの、新聞形式のもの、ポストカード形式などがありました。

⑤カラー/モノクロ…印刷の色数です。
フルカラー…60%
2色…10%
1色(モノクロを含む)…30%

恐らくですが、家庭用インクジェットプリンタで作られたものが一般的です。フルカラーかモノクロかは作品次第、2色か1色かは業者さんで印刷したものだと思います。

⑥ページ数
これはちょっと%がつけられないのですが、イラスト系・文章系で16~24ページ、写真系はもう少しページ数が多かった気がします。

⑦価格…税込価格です。
1000円以上…20%
500円以上1000円未満…60%
500円未満…20%

「個人製作だから商業誌と比べて価値は低い」という見方はなく、「欲しい!と思ったら買う」という感覚です。僕も、多分他の方も。
だから値段は高くてもきっと買う方は買います。
逆に値段が安いとお得感より「それなり感」が強くなってしまう気がしました。
中心価格帯は800円。

⑧その他
・「紙選び」は本当に大事。コピー用紙や普通のインクジェット紙だとチープさが際立ってもったいない気がしました。

これらのデータを基にスタンダードを考えてみると…
「イラスト・絵画系」の「作品集」で「A5サイズ」「フルカラー」「24ページ」「中綴じ」で「800円」
ということになりそうです。
この枠から外れることは全く構わないはずなのですが、何か特別な付加価値がなければ逆に「スタンダード」の中に埋もれてしまいそうです。

また、客層も熟慮する必要があるかもしれません。
僕は今回「自分が撮りたいものをサッと形にできる媒体」としてZINE製作に取り組みましたが、「イラスト・絵画系」のZINEが集まる場所でその訴求力は低かったのでは?とも思います。
実際ある写真家の方も「ここでは全然売れなくて、あれ?っと思った」とおっしゃっていたので、客層を良く掴んでマッチングの良い場所で売るか、他の表現形態を好む方にも受け入れてもらえそうな内容で作る、などの工夫も必要かもしれませんね。

さて、下手の考え休むに似たり、ではいけませんね。
次回に向けてがんばります!


*今日の写真*
初めてのZINEより。
Leica 3f
Leitz Elmar 50mm f=3.5
Fujicolor 業務用 100(モノクロ変換)



[PR]
# by takahashikururin | 2017-01-29 21:30 | ZINE | Comments(0)