ちいさなひかり

kururin71.exblog.jp

豊島への旅~瀬戸内国際芸術祭 2016年秋期 を訪ねて~ 1日目

昨年10月に瀬戸内国際芸術祭の会場のひとつである香川県の豊島(てしま)へ旅行に行きました。
今回から数回の予定で旅の様子をお届けします。
写真をたくさん撮りましたが上げきれないのでコラージュ加工しました。
ダイジェスト感覚で流し見しながらしばしお付き合いください。


a0298356_22311848.jpg
そもそもがバタバタと決まった旅でした。
昨年は我が家の結婚20周年でどこか旅行に行きたいねと言っていたのですが、
当時高校生の娘が修学旅行(瀬戸内国際芸術祭会場を訪ねる旅)から帰ってくるなり「豊島本当良かった。今すぐでももう一度行きたい!」と言い出し、
よくよく聞いてみると島もさることながら僕の好きな現代美術家内藤礼さんの作品である「豊島美術館」が実に素晴らしいとのこと、
では行きましょうということで3週間後の10月初旬、東京から13時間かけて深夜高速バスと船を乗り継ぎ、豊島の家浦港に無事到着しました。

a0298356_22313333.jpg
まずはチェックインです。
豊島にホテルや民宿はほとんどなく、代わりに島で暮らしている方の家や部屋をお借りする「民泊」が盛んです。
今回は丸々一棟貸しで家浦港のすぐ近くにある「民泊ヤマネ」さんにお世話になりました。
僕は両親とも実家が東京なので「(帰省する)田舎」というものを肌身で感じたことがありませんが、
「あぁ、これぞ田舎のおばあちゃん家!」とついつい思ってしまう懐かしさ・心地よさを感じる良い宿でした。
部屋もきれいだし、そして何より食事が本当においしいです。泊まる方は絶対に食事つきにしてください。

a0298356_22320771.jpg
荷物を置いたら早速出掛けます。
島内の移動は電動レンタサイクルがおススメです。
この日は瀬戸内国際芸術祭秋期開催日の前日で、島内はガラリとしていました。
ヤマネのお母さんから「セトゲーが始まったら人であふれかえるよ」と言われたので、まずは大本命の豊島美術館を目指します。

a0298356_22321934.jpg
ところが全然前に進めません。
電動レンタサイクルなので山道はどうってことないのですが、フォトジェニックな風景があまりに多すぎます。
ちょっと進んでは写真を撮り、またちょっと進んではまた撮って。
持ってきたフィルムが1日目の午前中にハイペースで消えていきます。
a0298356_22314874.jpg
気付いたことは他にもあって、「小径」がたいへん素晴らしいんです。
どの小径も起伏があって決してまっすぐではなく、長い年月をかけて使い込まれた「味」があります。
自転車でするっと通り過ぎるのが本当にもったいないと思うくらいです。
ということで到着がどんどん遅れます。

a0298356_22324044.jpg
なんとか豊島美術館に到着しました。
家浦港は島の西寄り、豊島美術館は島の東寄りですが、するっと来れば自転車20~30分の距離です。
この日はお客さんも少なくて(でも豊島では一番人が集まっていた)、ゆったりと美術館を堪能することができました。
2日後豊島美術館の脇を通ったら観光バスが何台も止まっていてすごい数の人がひしめいていました。
この美術館・このアートとしっかり向き合いたいという方にはきっと会期外の訪問が最適だと思います。

建物内の撮影は禁止されていますが、この作品は写真や動画ではまったく伝えることができない気がします。
興味のある方はぜひ訪れてみてください。
僕は「突然涙が込み上げてきたと思ったら急に寝落ち」を2セットという不思議な体験をしました。
ただ深夜高速バスでよく眠れなかっただけかもしれませんが(笑)
でもこういう心の揺らし方ができるのはやはり内藤さんしかいないなぁと思うのです。
僕にとっては間違いなくベスト美術館です。

そうこうしている間に夕方が近づいてきましたが、もうひとつやりたいことがありました。
ヤマネのお母さんから「豊島に来たら壇山に登りなさい」と言われていたので、自転車の充電池も残り少ないのですが島の中央に位置する壇山に向かいます。
ところが壇山を上る道すがらは誰ともすれ違わず誰も追い越しません。
少し暗くなってきた道を少し寂しい気持ちで登っていきます。
実のところあまりに道のりが長いので途中で引き返そうかとも思いましたが、「夕飯の時に『壇山どうだった?』って言われるだろうなぁ…」という大人な思考が頭をよぎります。
結局そのままさらに登ってようやく到着。
ひとこと言わせてもらえるのなら「ヤマネのお母さん、ありがとうございます!」。
観光客から見ると壇山はアートの陰に隠れてしまっているけれど、島の方々が壇山を大事に思っている気持ちは登ってみると本当によくわかる気がします。
豊島にお出かけの際はぜひ壇山を観光コースに入れることをお忘れなく!
a0298356_22324855.jpg
でも下山中野生のイノシシが目の前を通り過ぎていきましたのでお気を付けくださいね。
次回2日目はヤマネのお母さんに背中を押されて直島へ遊びに行った模様をお届けします。

*この旅のカメラ*
Nikon FE
Zoom Nikkor Auto 43-86mm F3.5
Fujicolor 業務用 100

[PR]
# by takahashikururin | 2017-03-23 00:08 | 写真 | Comments(0)